日課

f:id:daisuke0v0:20170526163321j:plain
f:id:daisuke0v0:20170526163349j:plain
f:id:daisuke0v0:20170526163411j:plain
f:id:daisuke0v0:20170526163430j:plain
f:id:daisuke0v0:20170526163450j:plain

初めてからもうすぐ1週間。

1日1 ゼンタングル。

最近の日課になっています。

他の日課としては自重筋トレと様々な健康法を1日交代で毎日少しですけどやっています。

自重筋トレはずっと前からやっていますが基本的にはながらトレーニング。

独りでも継続しやすいやり方を重視しています。

最近の内容としては

腕立て100回

壁逆立ち腕立て10-15回

腹筋(何種かありますが)計100回

背筋100回

スロースクワットを基本としたものor バレエのルルベのようなつま先立ち系をトータル15分

テーブルクランチ50回

アイソメトリック少々

気分でバックキック

と言う感じです。

健康法日にやるのは

立ちリラックス(これは俺の造語で太極拳で言う所の予備勢ですかね)10分

天地人タントウ法・手を変えて各10分

これに加えてあとは気分次第でストレッチやヨガをしたり腕振り運動をしたり気付きの瞑想をしたり他のタントウ法をしたりと言う感じです。

前の日課は筋トレメインで他の健康法の比重は少なかったのですがちょっと偏りすぎかなと思い、最近比率を大幅に変えた訳です。

俺は人間の可能性や心と身体の不思議に惹かれるような所があって武術や気功についても興味関心があります。

気功の本も幾つか読んでみましたけど、一番良かったのは気功革命と言う本。

ちなみに俺は三円式タントウ法が苦手でどうもしっくりこない。

逆にこれはいいなと感じるのは一指禅や天地人タントウ法でやる時はそのどちらかをメインにやります。

まぁ気功なんて言っても興味のある人は少ないでしょうけどね(;・ω・)

健康法に関してはロルフィングなんかも非常に優れたメソッドだと思います。

耳引っ張りワークなんかは簡単ですがすぐに効果が出ました。

機能姿勢と言う認識について書かれた本もスゴく参考になっています。

一般的な意味での健康法と言って良いのかわかりませんけど、大嶋信頼さんの本に書かれていたやり方も実に簡単でありながら即効で大きな効果が実感出来ました。

立ちリラックスはそう言った自分の培って来た様々なものを総動員して、ただリラックスして立つ、武道で言う所の力みの無い状態で立つと言う事を目指した造語ですが、まだ道のりは遠いようです(ノ´∀`*)

完全なリラックス、力みの無い状態とは何か?

個人的にこれは、完璧なバランス、相互補完、または調和と言う事が出来ると思います。

身心だけに留まるかと言うと、そうとも限りません。

身体は重力に対してバランスを取るだけでなく、五感に感じた事やそれに対する思考によってもバランスが変わって来ますから。

理屈ではわかる。

理屈ではわかるんですけどねぇ(;´_ゝ`)


まぁ、ゆっくりやっていきましょう(^^)


気功革命―癒す力を呼び覚ます

気功革命―癒す力を呼び覚ます

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!: 脳の電気発射を止める魔法の言葉

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!: 脳の電気発射を止める魔法の言葉

ゼンタングル

仕事と言うものは忙しい時期もあれば暇な時期もありますね。

俺の所は今が暇な時期です。

いわゆる閑散期と言うやつですね。

忙し過ぎるのもアレですけど、暇過ぎても時間を持て余してしまう。

贅沢な悩みと言えばそうなのかもしれませんがそれはともかく

とりあえず暇ですわ( ´_ゝ`)

さりとて遊び回れる金はなし。

暇潰しに何か新しい趣味でも探してみようかな(;・ω・){但しお金のかからないものに限る)

そんな訳でちょいとジョイフル本田へ行ってみました。

まぁ店の中を見ているだけでもそれなりに楽しいし、それだけでお腹いっぱいになりそうなんですが、素材を見てるだけじゃ何も始まらない。

まずは本!( ・`ω・´)

と、言う訳で本棚を物色してみましたが、よく考えたらお金のかからないものと言う事で最初から出来るものは限られているんですね。

ハンドメイドや粘土、ミニチュアなんかは道具一式と材料をジョイフルで揃えようと思ったら結構かかる。

初めてのものは続くか、続かないかやってみないとわからないので、初めての時は続かなかった時に後悔するような金額をかけないのが基本だと俺は思ってます。

初心者の俺がそっち系に手を出すならなら材料は100均で買うのが基本かなと思うのですけど、折角来たんですからここで選びたい。

すると低額予算で出来そうな、折り紙や切り絵等のペーパークラフト系かペン画、鉛筆画、ギリギリ色鉛筆までの範囲内から選ぶべき、かな(;・ω・)

とりあえず見てみよう!(^^)


( *・ω・)・・・


(・ω・)ふーむ


( *・ω・)ふむ


( ・ω・=)ふむ


(・ω・)・・・



( #・ω・)ノこれなぁに?



『ゼンタングル』


初めて眼にする名前です。

パラパラとページをめくってみて俺の脳内に連想されたのは

すげー描き込み!→乙嫁語りの衣装みたい!Σ(゜Д゜)

しかも本には『絵心不用』『いますぐ描ける』

と、書いてあるじゃあーりませんか(゜ロ゜)

つまり、普段絵を全く描かない俺でもこんなすげーのが描ける!

ただちに!

ただちに描けるのです!(;・ω・){どうかなぁ?)

し・か・も

このゼンタングルなる画法。

なんと瞑想と同じ状態になるとの事で、『禅』と『タングル』と呼ばれる模様の名前を合わせて『ゼンタングル』と呼ぶそうです。

写経にも禅のような効果があるようですけど、これはその絵画手法版なのであり、なんつーかちょっと神秘的ですらある!

しかも最低限必要なのは紙とペンだけ!

物作りとは違って沢山作品が出来たら置場に困る事もない!

まさに今の俺に打ってつけ!

これをやらずに何をやるのか!

と言う感じです。

よーっし!

これに決めた!(〃^ー^〃)

基本から少しずつやっていこうと思います。

目標は一日一ゼンタングルです(;・ω・){うわぁダジャレオチだぁ)

ペン1本で心が落ち着くゼンタングル描き込みBOOK

ペン1本で心が落ち着くゼンタングル描き込みBOOK